© 2016 Yuichi Yamazaki All rights reserved.

1/11

On 25 August 2017, Arakan Rohingya Salvation Army attacked several police stations. After the attack Myanmar army counterattacked Rohingya villages causing massive influx of refugees, according to UNHCR 630,000 people, into Bangladesh.

While there are many refugees who testify the facts of violence from the Myanmar army, Myanmar government restricts access to Rakhine State, where there are Rohingya villages, to overseas media and the United Nations investigation team. Myanmar military also reports that there was no victims of innocent people, while at least 376 terrorists were killed during fighting. While the fact of massacres against Rohingya was not clarified, I visited refugee camp and met many people who were injured in the attacks of Myanmar army.

Their scars are the physical evidence of the horrific violence, and I felt it should be recorded.

2017年8月25日、アラカンロヒンギャ救世軍はラカイン州内の警察署や治安施設を襲撃した。その後ミャンマー軍はロヒンギャの村々を襲い、罪のないロヒンギャの人々を虐殺していった。その結果、隣国バングラデシュには63万人以上ものロヒンギャ難民が流入した。

ミャンマー政府は、ロヒンギャの村があるラカイン州への海外メディアや国連調査団の立ち入りを制限している。そのため虐殺の事実は避難してきた難民からの証言が頼りとなっている。ミャンマー軍の報告書でも、戦闘での一般市民の犠牲者は0人で、367人のテロリストを殺害したと報告している。このようにロヒンギャに対する虐殺の事実が明確にならない中、難民キャンプの中でミャンマー軍の攻撃で負傷した多くの人々に出会った。

彼らの負った傷は、悍ましい暴力が存在していた証拠であり、記録すべきであると感じた。

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle